【呪術廻戦】ミゲルは何人?使っていた縄の呪具の効果も気になる!

呪術廻戦

こんばんは~。。。

今宵はミゲルがどんな人物なのか?ということにフォーカスしてお話していきたいと思います。

それでは帳を下ろします。

闇より出でて闇より黒くその穢を禊ぎ祓え・・・!

 

 

 

スポンサードリンク

 

ミゲルって誰?

ミゲルとはベレー帽をかぶった外国人呪詛師で『呪術廻戦』0巻で行われた百鬼夜行のMVPです(『呪術廻戦』0巻巻末参照)!

初登場は『呪術廻戦』0巻の第3話「弱者に罰を」になります。

 

 

ミゲルは何人?

ミゲルは百鬼夜行の際、

「コレ1本編ムノニ俺ノ国ノ術師ガ何十年カケルト思ッテル‼」と言っており、母国が日本以外のどこかにあるような口ぶりでした!

また容姿は外国人です!

そして結局どこの国の出身かはわかりませんが、五条が「ボビーオロゴンみたいな話し方しやがって」と言っていたので、ナイジェリアの出身(もしくはアフリカの方の出身)だということを匂わせていたのかなと推測できそうですね。

 

 

ミゲルの等級は?

ミゲルの等級については現時点では不明です。

 

スポンサードリンク

 

ミゲルが持っていた網のような呪具

ミゲルは百鬼夜行の際、縄のようなものを使って五条と戦っていました!

この網に対して五条は「あの縄・・・珍しい呪いが編み込まれているな こっちの術式が乱される」と言っています(0巻 最終話「眩しい闇」参照)。

どこの国の物かはわかりませんが、日本ではおめにかからないような呪いが込められているようです!そして術式が乱されると言っているので、なかなか思うように呪術が使えないと言っているので術式に強い呪詛師にとっては天敵となる呪具かもしれませんね。

 

 

ミゲルは敵で夏油の仲間だった?

0巻の時点でのミゲルは百鬼夜行のMVPと言われるほどなので、夏油サイドの人間だったことは間違いなさそうです!ですが百鬼夜行で五条に敗れ、その後の人生が大きく変わったこともまた、間違いない事実だと思われます・・・泣

 

 

その後のミゲルはどうなった⁉

というのも0巻の巻末にミゲルについて書かれたページがあるのですが、そこにはこう記載されています・・・

ミゲルはこれをキッカケに今後苦労することに・・・

(※後ろで五条が「ニヤリ」と笑っているイラスト入り)

『呪術廻戦』0巻巻末より

と・・・

 

そして再登場した『呪術廻戦』本編第33話「京都姉妹校交流戦ー団体戦0ー」の扉絵では、乙骨とどこかを歩いているシーンが描かれていたのです・・・。

おそらく百鬼夜行で五条に敗れ、下僕にされ、パシリにパシらされる人生を送ることになってるんじゃないかと思われます・・・汗

 

スポンサードリンク

まとめ

扉絵に登場したので、ミゲルの本編登場も近いと思われます!久しぶりのミゲルがどうなっているのか呪術廻戦ファンにはたまらない伏線ですね✨再登場を楽しみに待ちましょう!

 

では定刻になりましたので今回はこの辺で失礼します。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
呪術廻戦
スポンサーリンク
itadoriをフォローする
呪術廻戦日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました