夏油傑の正体は偽物で呪霊?生前と死後をおさらいして考察予想してたらヒントが!【呪術廻戦】

呪術廻戦

こんばんは~。

今宵は『呪術廻戦』90話でわかった夏油傑の正体にフォーカスしたお話をしていきたいと思います。

それでは帳を下ろします。

闇より出でて闇より黒くその穢を禊ぎ祓え・・・

 

 

ネタバレ含みますので、みたくない方はこれより先の閲覧はご遠慮ください。。。
スポンサードリンク

夏油は死んだのか?

夏油の最後が描かれているのは、『呪術廻戦ー東京都立呪術高等専門学校ー』です。
これを読み返してみると、乙骨にボロボロにやられて、右上半身はない状態でかろうじて逃げ出し、狭い路地に座り込んでいるところに五条が現れます。
そこで2人が会話のやりとりがあり、最後に五条が「傑 最後くらい呪いの言葉を吐けよ」と言った後に空を描いたシーンでバシュと書いてあり、どうなったのかの詳細は分からない状態で終わり、その後は描かれていませんでした。
そして本作の90話で、その後のことがわかりました!
五条は夏油を殺したと確信しており、夏油が死んだのは間違いなさそうですが、その後、家入硝子に遺体の処理をさせていないこともまた事実のようです。
そして90話の表紙に夏油が出てるのですが、夏油の頭の上に天使の輪っかが描かれているのも、死亡説の裏付けになっているものと思われます!

2巻から登場してる夏油傑は偽物?

90話で衝撃の事実が判明します!

夏油傑がの中から脳みその呪霊みたいなのがでてくるという、すごい展開になってしまいましたね!

ですがここからが謎です!この脳みその呪霊の正体はいったい何者なのか?ということです。

その謎を解く前に、一度、五条と夏油の会話を整理してみましょう。

 

夏油の姿を六眼で確認した五条は

この六眼に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている。だが俺の魂がそれを否定してんだよ。さっさと答えろ!!オマエは誰だ!!

と言っています。

 

それに対して夏油傑は

キッショ。なんで分かるんだよそういう術式でね、脳を入れ替えれば肉体を転々とできるんだ勿論肉体に刻まれた術式も使えるよ夏油の呪霊操術とこの状況が欲しくてね。君さぁ、夏油傑の遺体の処理を家入硝子にさせなかったろ。変な所で気を使うね。おかげで楽にこの肉体が手に入ったよ。

と言っています。

ということは夏油以外の何者かが夏油の肉体を支配し動かしているということになるんでしょうか。。。

 

スポンサードリンク

 

夏油の肉体を支配しているのは呪霊?

ここからは、夏油の肉体を支配しているのは何者なのかを追求していきましょう。

夏油の頭の中から出てきた脳みそに口がついていたことから、呪霊の仕業であることに間違いはなさそうです。

ではこの呪霊、一体何者なのでしょうか?

なにかボス的な呪霊なのでしょうか?だとするとまだ出てきていない呪霊でしょうか?

 

 

呪霊操術によるモノ?

以前、伏黒甚爾も気になる事を言っていました!

 

術師なら死なねぇ程度に斬った。式神使いなら殺したが呪霊操術となるとな。オマエの死後取り込んでた呪霊がどうなるか分からん。

これから考えると五条の手にかけられたあと、夏油が取り込んでいた呪霊が、逆に夏油を取り込んだということも考えられます。

そのくらい五条が気付きそうなものですが、唯一の親友、しかも呪霊以外の呪術師を自らの手にかけたショックが大きく、その後のことまで気が回らない精神状態にあり、初歩的なミスを犯してしまったのかもしれません。

 

夏油の肉体を操る呪霊として可能性が高いのは、生前に五条が取り込んでいた呪霊の中でも格別に強い呪霊でしょうか?

例えば0巻で乙骨を倒そうとした最後に出した特級仮想怨霊「化身玉藻前」(けしんたまものまえ)とかでしょうか?

←こちらに登場する呪霊

 

 

ですがどうしても五条の「この六眼に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている。だが俺の魂がそれを否定してんだよ」というセリフが気になります。

 

 

夏油傑の正体は夏油傑?

なにかヒントが落ちていないかともう一度0巻から読み返していると、気になるセリフがありました!

それは77話での九十九由起のセリフです。

初めて夏油と九十九が出会い、理想の未来について語るシーンで九十九が

「知ってる?術師からは呪霊は生まれないんだよ。勿論術師本人が死後呪いに転ずることを除いてね」

と言っていたのです!!

【呪術廻戦録】九十九由基が語る原因療法まとめ!夏油傑を変えたきっかけになった考え方!
こんばんは~。 今宵は九十九由基(つくもゆき)が学生時代の夏油に語った 原因療法と対症療法について お話をしていきたいと思います。 それでは帳を下ろします。 闇より出でて闇より黒くその穢を禊ぎ祓え・・・ ...

 

 

これじゃないでしょうか?

夏油傑の最後は間違いなく、親友の五条悟の手にかけられた!

しかしその後、同じチームである気遣いから、家入硝子に死体の処理はさせていない。

夏油の死後、九十九の言うように術師本人の夏油が死後呪いに転じて、自らの肉体に戻ってきた。

そのため、五条悟の六眼で確認しても夏油傑と認識している。

だから、2巻から登場している夏油傑は夏油傑ではなく、夏油傑の死後呪い=夏油傑という呪霊が正体ということになるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

夏油傑の正体は夏油傑の死後呪い!つまりその正体は元本人?

といった考察に至りました。

実際のところはどうかわかりませんが、こうやって考えていくと芥見先生が絶妙な伏線をおとしまくっていることに改めて気付かされ、『呪術廻戦』の深さや新たな一面がみられて、またまた読み返しちゃいたくなりますね!

みなさんもこうなんじゃないか?というご意見ありましたら、ぜひコメントいただけたら幸いです(^o^)

 

それでは定刻となりましたので、このへんで・・・

スポンサードリンク

コメント

  1. ちー より:

    「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」は夏油の台詞ですよ…!

    • itadori より:

      ちー様

      コメントありがとうございます!
      速攻読み返したのですがこのセリフは五条が「言い残すことはあるか」と言ったのに対して、夏油が自分がどうしてこうなったのかみたいなことを振り返っていたので、最後は良いやつじゃなくて、とことん攻撃してこいよ的な意味で五条がこのセリフを言ってるように思ってしまうんです。
      ただ私の読み取る能力のなさには自信があるので、もしよろしければチー様が、どうして夏油のセリフと思ったのか教えていただいてもよろしいですか?
      よろしくおねがいします。

タイトルとURLをコピーしました