【呪術廻戦】宿儺(すくな)が言う面白いモノとは伏黒恵の覚醒を意味しているのか?

今日は『呪術廻戦』の作中で、両面宿儺が「面白いモノがみれるぞ」と言ったセリフが何を意味するのかという点にフォーカスして記事を書いてみました!

お暇な方はお付き合いよろしくね!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

宿儺が「近い内 面白いモノが見れる」と言ったのはいつ?

宿儺(すくな)が「近い内 面白いモノが見れるぞ」と言ったのは、宿儺の生得領域で宿儺と虎杖が会話しバトルしているシーンでしたね(第11話『ある夢想』より)。

このシーンでは伏黒と宿儺が対峙した後で、虎杖の心臓を引っこ抜いて、虎杖を人質にする(虎杖が宿儺と変われば心臓がないため死んでしまう・・・)と言ってましたね。

だけど、生得領域の中で宿儺は「お前が条件を呑めば 心臓を治し生き返らせてやる」と考えを変えます。それに対して虎杖が「散々イキっといて結局テメェも死にたくねぇんだろ」と言うと「事情が変わったのだ 近い内 面白いモノが見れるぞ」と話していました。

 

 

面白いモノとは伏黒恵の秘められた力のこと?

宿儺が「面白いモノが見れる」と言ったタイミングは間違いなく伏黒と対峙した後で、闘いの最後には伏黒の力を引き出そうとしていましたよね?

さらには伏黒との闘いを楽しんでいたようにも見えるし、闘いながら伏黒の良いところを誉めていました!そして何より伏黒を殺さなかった・・・!

虎杖が出てきてしまったとう言うのもあるでしょうけど、この殺さなかった理由こそが伏黒に秘められた力が覚醒しつつあることに宿儺が気付いてしまったからなんでしょうね!

 

 

 

宿儺からみた伏黒恵の絶賛ポイント

絶賛ポイント①

宿儺「面白い式神使いのくせに術師本人が向かってくるか」

式神使いは本来、術師は姿を隠して式神で闘うのがバトルスタイルなんでしょう!

スポンサードリンク

 

絶賛ポイント②

宿儺「いい術式だ」

呪力もパワーもアジリティーも、全てにおいて圧倒的に劣っている伏黒に対し言ったセリフ!おそらく伏黒の術式のセンスを誉めたんでしょうね!

 

 

絶賛ポイント③

宿儺「宝の持ち腐れだな」

伏黒の式神は影を媒体にしていることを確認したうえで、「オマエあの時(虎杖と特級呪霊と対峙した時)何故逃げた」と質問してたね。呪符を使うありきたりな術式ではない応用も効くと判断したうえで「宝の持ち腐れだな」と言っているので、伏黒はまだまだ強くなるということが分かっていたのでしょうね。

 

 

絶賛ポイント④

伏黒が「俺は平等に人を助ける」と自分に言い聞かせ、覚悟を決めた時には宿儺が興奮気味に「いい いいぞ 命を燃やすのはこれからだったわけだ 魅せてみろ!!伏黒恵!!」と言っていたね。「見せてみろ」ではなく「魅せてみろ」というのが宿儺が興奮していたという表現になっていたんじゃないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

伏黒恵、藤堂葵とのバトルで覚醒寸前?

京都校三年の藤堂と真依が嫌がらせに来た時に勃発した伏黒VS藤堂でしたが、一方的に伏黒がやられる展開に・・・。そして本気を出そうとした時、狗巻とパンダが乱入してバトルは終了しましたね。

この時、伏黒が覚醒したところを魅れるかと思ったんですが、みれなかった・・・

芥見先生もなかなか焦らしてくれますね!

 

 

まとめ

両面宿儺が伏黒をあそこまで評価していたので、今後相当な術式使いに育つことは間違いなさそうですね‼まぁ、1話から登場しているキャラで虎杖とダブル主役みたいな存在なので、かなりの呪術師になることは間違いないか!

 

それでは今回はこのへんで失礼します!

スポンサードリンク
スポンサーリンク
呪術廻戦 考察
スポンサーリンク
itadoriをフォローする
呪術廻戦日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました